• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 夏におすすめの食材と、暑さに負けない食事ポイント|マッスルデリ管理栄養士が解説

夏におすすめの食材と、暑さに負けない食事ポイント|マッスルデリ管理栄養士が解説 (1/2)

 体を鍛えている筋トレ民も、細くなりたいダイエット民も、時には食べすぎ、飲みすぎることもあるでしょう。どうやったらリカバリーできるのか。ボディメイクを食事面からサポートする「Muscle Deli(マッスルデリ)」の管理栄養士・瀧川みなみさんに、よくあるギモンを聞いてみました。

 暑い季節になると、食欲がない、だるい、疲れが取れないなど、いわゆる夏バテになる人も多いでしょう。こうした夏バテを予防するおすすめの食べ物とは。

Q.夏バテ対策におすすめ食材と、夏バテを予防するために意識したい食事ポイントを教えてください。

A.すっぱい食べ物、豚肉、カレーなどはおすすめです。

  夏バテとは「食欲がわかない」「からだがだるい」「何となく体調がすぐれない」など、夏の暑さによるからだの不調の総称です。

 夏バテの原因は、高温多湿な場所で長時間過ごしたことによる体温調節機能の低下や、外気と屋内の寒暖差による自律神経の乱れなどが挙げられます。

 上記の諸症状を直接的に解消する食材は存在しませんが、夏バテ時に食べやすい食事や摂っておきたい栄養素などの観点からポイントをご紹介してきます。

夏バテ対策におすすめの食材

◆すっぱい食べ物

 梅干し、グレープフルーツ、いちご、レモン、キウイ、お酢などが挙げられます。

 酸味の強い食べ物は食欲回復のお手伝いをしてくれます。それぞれの食材がもつ酸味により唾液や胃液の分泌を促し、摂った栄養を分解・吸収させやすくします。

 すっぱさのもとはクエン酸です。クエン酸は疲労回復などに役立ちます。

 さらに、梅干しに含まれるカテキン酸には抗菌作用があり、摂取すると腸内の悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えてくれる作用があります。また、汗をかいた時に失われるナトリウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルも梅干しには含まれています。

◆豚肉

  豚肉に豊富に含まれるビタミンB1は、体内の糖質を効率よくエネルギーに変換し、疲労回復を助けます。

 また、豚肉はタンパク質も豊富です。血液や筋肉など、カラダを構成する栄養素であるタンパク質は摂っておきたい栄養素です。

 おすすめの豚肉メニューは「豚の生姜焼き」です。生姜にはショウガオールという成分が含まれており、血管を拡張させるはたらきがあります。冷房によるカラダの冷えで滞ってしまった血流をアップさせることで、体を内側から温めてくれます。

◆カレー

 カレーには複数のスパイスが使用されています。使われるスパイスの種類によって血行促進、食欲増進、抗菌、整腸作用などのはたらきが期待できます。

 また、カレーの具材として野菜たっぷりのものを食べれば、日々不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維なども補われ、栄養バランスも整いやすくなるでしょう。

 タンパク質もしっかりと摂りたい場合は、具材として鶏肉を使用する、温泉たまごをトッピングするのもオススメです。

次ページ:夏バテ予防のための食事ポイント

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -