フィットネス
ライフスタイル
2023年8月10日

【筋肉痛はいいこと?】筋肉に効いてる証拠なのか。悪い筋肉痛の見分け方も[整形外科医監修] (3/4)

お医者さんの視点から見て、「よくない」と言える筋肉痛もあります。

それは、筋肉痛の痛みに似た「筋腱付着部炎」です。これは、「筋肉や腱」と「骨」の付着部に起こる炎症で、痛みが長引くことが多いのが特徴です。

また、筋肉痛よりも痛い場合が多い「肉離れ」にも注意が必要です。重症な場合は、内出血を伴ったり、筋肉が凹んでしまったりすることがあります。

「いい筋肉痛」と「よくない筋肉痛」の見分け方とは

  • 1週間以上痛みが続く
  • いつもの筋肉痛とは違う痛みがある
  • 痛みが強すぎて、日常生活に支障が出ている
  • 内出血を伴った痛みがある
  • 痛みがある部分の、筋肉が凹んでいる

という場合、よくない筋肉痛であることが多いです。整形外科の受診をおすすめします。

筋肉痛のときでもOK! 筋肉増強のためにできること

筋肉痛が起きているということは、筋肉に負担がかかっているということ。そのため、できる限り休息を取った方が良いですが、筋肉痛でも体を動かしたいという人もいるでしょう。ここでは、筋肉痛の時でもできる筋肉増強方法をご紹介します。

負荷が低い、軽めの運動をする

筋肉痛の時は、筋肉に負担をかけない低負荷の運動ならしても良いでしょう。低負荷と言っても無理は厳禁。息が軽くあがる程度に抑えておきましょう。

▼ 低負荷のおすすめ運動

【室内散歩8分】運動不足の解消のおすすめ。程よい負荷で、初心者向けのお部屋ウォーキング

▼ 低負荷のおすすめ運動

【筋トレ入門】全身のトレーニング8分。適度な負荷で、初心者でも安心。全身の引き締めに(今日から頑張る)

筋肉痛がない部位の筋トレを行う

筋肉痛の出ていない筋肉は、基本的に鍛えても問題ないです。「腕が筋肉痛ならば、下半身を鍛える」「腹部が筋肉痛なら、肩を鍛える」など、筋肉痛の場所を避けてトレーニングをすると良いでしょう。

とはいえ、過度な筋トレは、慢性疲労の状態につながります。倦怠感・息切れ・食欲低下・不眠の原因になるので注意してください。

▼ この記事も読まれています

ストイックな人が陥る「オーバートレーニング状態」とは。原因・症状・予防法を解説

筋肉痛を早く治す方法

1 2 3 4