• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

ダイエットの停滞期対策に。「チートデイ」の効果・メリットと失敗しないやり方 (2/3)

・精神的負担の軽減

 チートデイはカラダの変化だけでなく、モチベーションの維持という点でも大きな役割を果たすでしょう。食事制限はカラダだけでなく、メンタル的でもつらいものがあります。「食べたいものも食べられない」「お腹が空いても食べられない」など、心には多くのストレスがかかるはず。そのストレスに負け、ダイエットを辞めてしまう人がとても多いのです。

 チートデイを設定すれば「食べたいものが食べられる」「お腹いっぱい食べられる」と、メンタル面でのストレスが解消され、モチベーションを維持することができます。「チートデイがあるからがんばる!」と、ダイエットを継続できる人も多いことでしょう。

チートデイの設定方法

 チートデイはどのように設定するのがよいのでしょうか。ここで、基本的なチートデイの設定方法を理解しておきましょう。

・チートデイは停滞期にこそ効果がある

 チートデイを設定するのは、ダイエットの成果が停滞してきたときにしましょう。ダイエットを始めたばかり、あるいは体重が順調に落ちている際に実施しても、あまり意味がありません。チートデイは、あくまでもダイエットの停滞期を乗り越えるための食事戦略であることを頭に入れておいてください。

・週に1回

 はじめてであれば、1週間のうち1日をチートデイにしましょう。あらかじめ、何曜日にするか決めておくのがおすすめ。その他の6日は、しっかりと食事をコントロールします。チートデイを気分で決めてしまうと、「思った以上にチートデイが多くなってしまった」ということになりかねません。それでは痩せるはずもなく、逆に太るだけです。

 食べる量が多くなりやすい飲み会やイベントなどがスケジュールに入っているようであれば、その日をチートデイにしてみるのもよいでしょう。

次ページ:チート内容の決め方

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード