• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

自宅で有酸素運動が楽しめる、エクササイズ器具&トレーニングマシン9選 (1/2)

 自宅でのトレーニングが続くと、いつも同じ内容に飽きが出てきてしまうかもしれません。そんなときはフィットネスアイテムを活用し、いろいろなトレーニングに取り組んでみてはいかがでしょうか。家トレに飽きた人や、運動が続かない人のモチベーションアップにもつながります。

 今回は、室内で全身運動や有酸素運動をするときに便利なエクササイズグッズを紹介します。

エアロバイク(フィットネスバイク)

 ルームランナー(トレッドミル)と並び、室内の有酸素運動としては代表格といえるエアロバイク。コンパクトな折り畳み型なら場所もとりません。競技志向の方は、スピンバイクなどを選ぶとよいでしょう。自転車に乗るのと同じ“漕ぐ”運動ですが、ルームランナーより危険が少なく、手軽に有酸素運動を行うことができます。

 ほとんどのエアロバイクは負荷を調整できます。適切な負荷を掛けることで、下肢の筋力アップも期待できるでしょう。心拍計測できるものやプログラムトレーニングが行えるものなど多くの種類があります。ルームランナーと同様、音楽や映画などを楽しみながら行うと飽きにくいはずです。

関連記事:フィットネスバイク徹底解説。自宅トレーニングの強い味方、そのダイエット効果やオススメ商品をプロに聞いてみた

ステッパー

 テレビを見たり本を読んだり、“ながら”有酸素運動にオススメなのがステッパーです。左右交互に足で踏むだけですが、十分な運動になるでしょう。腰が落ちたり左右に傾かないようバランスを意識して取り組めば、体幹トレーニングとしての効果も期待できます。

 できれば、踏む動きに合わせて上半身も動かすようにしてください。腕を振り、腰から足を動かすような意識です。これによって、下肢だけでなく全身を鍛えることができます。負荷を調整できるものが多いので、慣れてきたら少しずつ負荷を上げていきましょう。

ステップ台

 ステップ台といえば「踏み台昇降運動」を思い浮かべる方は多いはず。平らな場所で歩くより、昇り降りすることで下肢の筋肉が鍛えられます。また、10分も繰り返せばじんわり汗をかきはじめ、ほどよい有酸素運動にもなるでしょう。ステップ台と同様、上半身も意識して動かすとさらに効果的です。

 ステップ台に乗らず、前後左右に飛び越えるトレーニングもよいでしょう。ジャンプ運動は、おもにふくらはぎなどの筋肉が鍛えられます。反発を生かして着地時間を短く、リズミカルに行ってみてください。ただし、左右のジャンプは慣れていないと着地に失敗し、足首を捻ったり転倒する危険があります。

フラフープ

 子どもの頃に遊んだ方も多いフラフープ。ある程度の時間を継続して行うことでいい有酸素運動になります。回す運動によって腹斜筋なども鍛えられ、ダイエットはもちろんくびれ作りの効果も期待できるでしょう。

 大きさや重さはさまざまですので、筋力や使用する場所を踏まえ、適するものを選んでください。収納場所に困るという場合、組み立て式がよいかもしれません。

振動マシン

 「運動するぞ!」と意気込まなくても運動できる振動マシン。上に乗るとプレート部が振動し、筋肉に刺激を与えてくれます。まっすぐ立つのはもちろん、スクワットの姿勢など乗り方を変えるだけで刺激の入る筋肉部位が変化します。腕をプレートに乗せてプランク、リバースプッシュアップの姿勢を維持すれば上半身も鍛えることができます。

 振動マシンは、振動方向やプログラムトレーニングなどの機能が異なるので、単純な左右振動ではなく、多方面に振動するマシンがよいでしょう。置き場所に困る場合はできるだけコンパクトなサイズを検討してください。

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新