• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

立ったまま腹筋を鍛える筋トレ「ドローイング」の効果的なやり方

 インナーマッスルを鍛えるトレーニングとしておすすめの「ドローイング」。腹式呼吸をしながらお腹を凹ませることで、腹横筋を鍛えていきます。

 また、基礎代謝が上がり脂肪が燃焼しやすいカラダ作りにも役立ちます。

 今回、ReebokONEアエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、MELOS公認トレーナー坂本翔がドローイングの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

 紹介しているのは、20秒×5セットのトレーニングです。動画を見ながら、ぜひ実践してみてください。

ドローイングの正しいやり方

1. 姿勢をまっすぐにして、肩を下げ、力まないようにする。

2. お腹に空気をため込むように、大きく息を吸う。

3. 息を止めてキープする。

4. 膨らませたお腹が凹むように、思いきり息を吐き出す。

5. 凹ませた状態で20秒キープ。

\動画で動きをチェック/

実施回数

20秒×5セット

ポイント

・お腹に風船があるイメージで、膨らませたり、しぼませたりする
・肋骨が見えるぐらい凹ませる
・鏡の前で行い、お腹の凹ませ具合を確認するとよい
・できる限り連続で行なう

鍛えられる筋肉(場所)

・腹横筋 etc…

公式YouTubeチャンネルでフィットネス動画配信中!

MELOS編集部では、トレーニング動画を公式YouTubeチャンネルで配信中です。今後もコンテンツをどんどん公開していきますので、ぜひチャンネル登録をお願いします!

▼チャンネル登録はこちら
>>MELOS公式YouTubeチャンネルページ<<

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。千葉県出身、1991年生まれ。

[出演トレーナープロフィール]
MELOS公認トレーナー。和歌山県日高郡印南町出身、1992年生まれ。EPARKスポーツ認定トレーナーとして活動中。

<Text:MELOS編集部>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新