• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

たるんだお腹を引き締める。腹筋を鍛えるクランチ系トレーニング2分間 (1/2)

 引き締まった身体を目指すには、たるんだお腹周りを、どうにかしないといけません。多種類のメニューで総合的に腹筋を刺激して、理想の体に近づけましょう!

 今回は、お腹周りの筋肉を鍛えるクランチトレーニングをご紹介。各種目の正しいやり方やフォームを、動画を見ながらチェックしてみてください。

\動画で動きをチェック/

①バイシクルクランチ 

 足の動きと身体のひねりを加えた腹筋運動「バイシクルクランチ」。腹直筋だけでなく腹斜筋や腸腰筋まで鍛えることができ、筋力アップはもちろん軸の安定性が高まり、ランニングフォームの改善も期待できるメニューです。

 一般的な腹筋運動(シットアップ)などとは異なり、ツイストする(ひねる)動作をを組み込むことで、お腹の横の部分への負荷を大幅に高めた脂肪燃焼効果が高いトレーニングです。

正しいやり方

1.膝を曲げて地面と太ももが90度になるように上げる
2.自転車を漕ぐイメージで脚を動かす

3.両手を頭の後ろにセットしておへそを見るように頭を上げる
4.上半身をひねりながら肘と膝をくっつける事を交互に行なう

実施回数

20回×3セット

ポイント

・肘と膝がつかない方はなるべく近づけて、おへそ周辺を丸める
・キツくなっても正しいフォームを意識
・疲れるとバランスを崩しやすいので、お腹にしっかり力を入れる

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腹斜筋
・腸腰筋 etc…

②トゥタッチクランチ

 腹筋を鍛える筋トレ「クランチ」の応用トレーニング「トゥタッチクランチ」。つま先をタッチするようにクランチを行うことで、腹直筋や腹斜筋が鍛えられます。

正しいやり方

1. 仰向けになり、片膝は立てて片足は伸ばす。

2. 上半身を起こしながら、左手で右足のつま先を触る。

3. 左右交互に繰り返す。

実施回数

左右 各10回×3セット

ポイント

・できるだけ高い位置でタッチする
・目線は常に上へ
・体をひねるときに筋肉の収縮をイメージする
・手と足はまっすぐ伸ばしたままにする

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腹斜筋 etc…

次のページ:③デクラインリバースクランチ

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新