• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【下半身の筋トレ】スクワット3種類。足腰を限界まで鍛え抜け (1/2)

 今回は、下半身を鍛えるトレーニングをご紹介。「スクワット」と「ワイドスクワット」、「ジャンピングスクワット」の3種目です。初心者の方も、ぜひチャレンジしてみてください。

 ReebokONEエリート フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さんのトレーニング指導のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\動画で動きをチェック/

①スクワット

 お尻や太ももなど、下半身を鍛える筋トレ「スクワット」。下半身の大きな筋肉を鍛えるため、代謝アップ効果が期待できるトレーニングとして、運動が苦手な初心者にもおすすめの種目です。器具なしで、自宅の部屋でも手軽に行えます。

正しいやり方

1. 肩幅に足を広げる(つま先は少し外側に向ける)

2. 背筋を伸ばし、地面と太ももが平行になるまで下げていく

3. 膝が伸ばしきらない位置までゆっくりと戻す

実施回数

15回

ポイント

・背中が丸まらないようにする
・膝が内側に入らないようにする
・呼吸を止めずに続ける

鍛えられる筋肉(場所)

・大腿四頭筋
・ハムストリング
・脊柱起立筋
・大殿筋 etc…

②ワイドスクワット

 鍛えにくい部位のひとつである「内もも」の筋トレ、ワイドスクワット。筋力向上による基礎代謝をアップや、怪我予防にも効果的です。心肺機能の向上も期待できます。

正しいやり方

1. 肩幅よりも広めに、外に約45度向けて足幅を取る
2. 直立した姿勢で胸の前で手は合掌する
3. 腰はゆっくりと下げていく
4. 太ももが膝と平行になるまで下げていく
5. 下げたら素早くスタートポジションに戻す

トレーニング回数

15回

注意点&ポイント

・足は肩幅より広めに“ハの字”で、腕は胸の前でリラックスして組む
・腰はゆっくり下げ、素早く上げる
・膝が内側に入らないように
・呼吸は止めないよいうに、吸ってはいてを繰り返す
・太ももが床と平行になるまで下げる
・目線は下げないように前を向く

鍛えられる筋肉(場所)

・大腿四頭筋
・大殿筋
・腸腰筋 etc…

次のページ:③ジャンピングスクワット

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -