• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「寒い日の運動」は体に悪い?寒さのなかトレーニングするときの注意点

 冬のトレーニングに影響をもたらすのが「寒さ」です。雨や雪などで天気が悪く、気温が低い日にトレーニングを行うと、血管や筋肉といったカラダに大きなストレスがかかります。ジムなど室内で筋トレや有酸素運動を行う場合はよいのですが、外でランニングやワークアウトを行う場合、注意が必要です。今回は寒さによるトレーニングへのメリット・デメリットと対策方法をご紹介していきます。

寒さによるカラダへのデメリット

筋温の低下によるケガのリスク

 外気温が低いことで、筋肉も冷えて血行が悪くなってしまいます。すると柔軟性が低下し、筋肉や関節のケガのリスクが高くなるのです。とくに起こりやすいケガが「肉離れ」。瞬間的な力を発揮するダッシュや急激なストップ、動作の切り返しによって筋肉を傷めてしまうのです。また、柔軟性が低いと体勢を崩した際にいつもより関節が動かず、ケガをしやすい原因となります。これはトレーニング中に限らず、日常生活の中でも同じようにリスクが高まるのです。

対策:運動、とくに瞬時の力の発揮が必要な場合は、入念にウォーミングアップを行って筋温を上昇させておきましょう。ジョギングやウォーキング、体操などでカラダを温めておくと、ケガのリスクを抑えることができます。ただしストレッチの場合、ゆっくりと行うスタティックストレッチではカラダが冷えてしまうでしょう。そのため、カラダを動かしながら行うダイナミックストレッチを取り入れてください。

カラダが温まったと感じても、筋温はそれほど上がっていないことが少なくありません。汗ばむくらいまで、しっかりウォーミングアップするように意識しましょう。

血圧・心拍数が上昇しやすい

 寒さによって交感神経が緊張し、血管が収縮することで血圧が上がりやすくなります。血圧の上昇は心臓への負担を増やし、狭心症や心筋梗塞など重大な疾患のリスクを高めてしまうのです。運動に慣れていない人が急に運動を始めた場合、とくに注意してください。高血圧の人も、疾患のリスクが高いので十分に注意しましょう。

 また、冬は乾燥しているので脱水症状にも注意が必要です。脱水症状は血液の粘性を高め、疾患のリスクをさらに高めます。

対策:暖かい室内と寒い屋外の気温差が、血圧の上昇に大きく影響します。そのため急に外に出るのではなく、軽く動いてカラダを温めてから外に出るようにしましょう。普段から血圧が高い人は、運動前にしっかり血圧を測定する癖をつけてください。血圧が高めな日は十分に注意し、運動強度を落としたり暖かい室内で行うなど、運動環境の変更・調整を行う必要があります。

また、水分補給も意識したいところです。水分は運動中に摂取するだけでなく、運動前から摂取するようにしましょう。一度に大量に飲んでも、すぐには体内へ吸収できません。そのため、少量をこまめに摂取することが大切です。

古傷が痛くなることも

 寒くなると、以前ケガをしたことがある部分、いわゆる「古傷」が痛むと感じる人がいます。いったいなぜなのでしょうか。古傷が痛む原因としては、寒さによる冷えや血行障害、気圧の変化による痛みを感じる神経への影響など、さまざまな要因が関係していると考えられています。

対策:古傷の痛みに関しては、安静にしていても痛みが和らぐことはありません。むしろ動かして血行をよくする方が痛みの改善には効果的です。その他、入浴などでカラダを温めたり、マッサージで筋肉の緊張を和らげることで痛みが改善します。一度ケガをしてしまった部分は、完全に元の状態に戻ることはありません。日頃からのケアを心がけて痛みを防ぎましょう。

寒さがメリットになることもある

 寒さはカラダにさまざまな悪影響をもたらす半面、メリットもあります。ここでは、寒いときのトレーニングによって得られるメリットをご紹介しましょう。

エネルギー消費量が多くなる

 実のところ、冬は寒さによってダイエットしやすい時期です。カラダは、どんな環境でも常に一定の体温を保つ「恒常性(ホメオスタシス)」という働きが備わっています。冬は体温が下がりやすいため、体温を維持するためにいつも以上にエネルギーを消費しながら体温を保っているのです。そのため脂肪燃焼しやすく、痩せやすい時期といえるでしょう。エネルギー消費を多くしたい人は、積極的に屋外でのトレーニングを行ってみてください。

寒い時期もトレーニングへのモチベーションを維持することが大切

 寒い時期は、「寒くて外に出たくない」「運動する気が起きない」など、モチベーションの低下も起きやすくなります。しかし、それは誰もが同じこと。寒いときでもトレーニングに取り組むかサボるかによって、周囲との差が開いてくるかもしれません。寒さに負けず、冬もしっかりトレーニングを行ってください。

関連記事

う~寒いっ!冬のランニングを快適にする服装&防寒対策アイテム5選 | トレーニング×スポーツ『MELOS』

[筆者プロフィール]
和田拓巳(わだ・たくみ)
プロスポーツトレーナー歴16年。プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。​医療系・スポーツ系専門学校での講師や、健康・スポーツ・トレーニングに関する講演会・講習会の講師を務めること多数。テレビや雑誌においても出演・トレーニング監修を行う。現在、様々なメディアで多くの執筆・監修を行い、健康・フィットネスに関する情報を発信している。
日本トレーニング指導者協会 JATI-AT
Official site:https://wada0129.wixsite.com/takumiwada
Facebook:https://www.facebook.com/pt.wada/

<Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード