• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

足の裏も筋トレできる。「足裏が痛い、疲れる、踏ん張れない」を改善する簡単エクササイズ (1/3)

 トレーニングではほとんど意識することのない足の裏。しかし、足の裏にも筋肉が存在し、そこを鍛えることによってさまざまな効果が得られます。今回は意外とおろそかにされがちな足の裏について、筋肉の構造やその働き、足裏の筋力を鍛えるトレーニングをご紹介しましょう。

足の裏の構造

 足は26個の骨で構成され、足の裏には10個の筋肉がついています。足の裏についている筋肉は、まとめて足底筋群(そくていきんぐん)と呼ばれています。足底筋群は、短母趾屈筋(たんぼしくっきん)・短小趾屈筋(たんしょうしくっきん)・母趾外転筋(ぼしがいてんきん)・小趾外転勤(しょうしがいてんきん)・足底方形筋(そくていほうけいきん)・虫様筋(ちゅうようきん)など、数多くの筋肉によって複雑に構成されています。

 足の裏を知るうえで欠かせないのが、以下3つのアーチです。

1.足の外側を結ぶ「外側縦アーチ」
2.親指のつけ根からかかとを結ぶ「内側縦アーチ(土踏まず)」
3.親指のつけ根と小指のつけ根を結ぶ「横アーチ」

 足裏のアーチは、足底筋群やふくらはぎから伸びている後脛骨筋(こうけいこつきん)や長腓骨筋(ちょうひこつきん)などによって構成されています。これがバネのように作用して、カラダにかかる地面からの衝撃を和らげているのです。足の裏は鍛えることが少ないため、筋力が低下してしまうとアーチが崩れてしまいます。

足の裏を鍛えるメリット

 ここでは足の裏を鍛えることによって得られるメリットをご紹介します。

・扁平足を防ぐ

 皆さんご存じなのが、土踏まず。土踏まずは、先述した内側縦アーチを指します。足が疲れてくると土踏まずは低く、地面に近づいていくでしょう。その状態が続くことを「扁平足(へんぺいそく)」といいます。扁平足はアーチがほとんどないために、クッションとしての役割が働いていません。そのため、足の裏が疲労しやすくなり、足の痛みを引き起こす原因にもなります。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード