• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 「ソイプロテイン」、デメリットはある?おすすめしない飲み方は?マッスルデリ管理栄養士が解説

「ソイプロテイン」、デメリットはある?おすすめしない飲み方は?マッスルデリ管理栄養士が解説

 体を鍛えている筋トレ民も、細くなりたいダイエット民も、時には食べすぎ、飲みすぎることもあるでしょう。どうやったらリカバリーできるのか。ボディメイクを食事面からサポートする「Muscle Deli(マッスルデリ)」の管理栄養士・瀧川みなみさんに、よくあるギモンを聞いてみました。

 今回はプロテインダイエットをテーマに、大豆の植物性たんぱく質である「ソイプロテイン」について、摂取時の注意点を探ります。

Q. ダイエット中や女性にソイプロテインがおすすめと聞きますが、デメリットや飲み方の注意点はありますか?

A. タンパク質を速やかに吸収したい場合には不向きです。

 ソイプロテインを摂取した後の吸収スピードは、約5〜6時間と言われています。よって、タンパク質を速やかに吸収したい場合には不向きと言えるでしょう。

 すばやくタンパク質摂取をしたい場合は、ホエイプロテインを選びましょう。ホエイプロテインは水溶性のため消化吸収のスピードが早いのが特徴で、吸収速度は1〜2時間ほどです。

 摂取量については、タンパク質量として1回あたり15〜20gを目安として飲むのがオススメです。摂取タイミングは「食事と食事の間が3〜4時間以上空いてしまうとき」にとり入れてみましょう。たとえば朝起きてすぐ、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、トレーニングの前後、寝る前などです。

 ただし、1日のうちでカロリー摂取量>カロリー消費量の状態になっている場合は、飲むタイミングに関わらず太る可能性が高いので注意が必要です。

ソイプロテインは女性やダイエット中の人には特にオススメ

 先述のとおり、ソイプロテインはホエイプロテインに比べて消化・吸収の時間がゆっくりなので、腹持ちもよく、ダイエット時にとり入れてみるのもいいかもしれません。

 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人にも、ソイプロテインはオススメです。また、ソイプロテインの原料である大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンであるエストロゲンに似た構造をしています。女性は特に注目したい成分ですね。

関連記事:ソイプロテインとは。どんな人におすすめ?男性も飲んでいい?特徴と効果的な飲み方を解説│管理栄養士の食トレ学

[プロフィール]
瀧川みなみ(たきかわ・みなみ)
株式会社Muscle Deli管理栄養士、調理師。青山学院大学文学部卒業後、専門学校で調理師、食生活アドバイザー、栄養教諭を取得。専門学校卒業後は大手外食企業で働きながら管理栄養士を取得。接客、店舗管理、副料理長を務めたのち本社の商品企画・開発部門でデザートメニューの商品開発をおこなう。その後、クラウドレストランを運営するベンチャー企業に転職し、8ブランドの立ち上げを実現。より多くの人に向けて体・健康づくりの手伝いがしたいと思い、Muscle Deliに入社。商品開発、栄養指導、レシピやコラム作成等を担当。プライベートでは料理教室や食事に関するセミナーなどのイベントを主催。

マッスルデリのお知らせ/

マッスルデリは管理栄養士監修のお食事を冷凍宅配でお届けしています。レンジで温めるだけで高タンパク低カロリーな、栄養バランスの整った食事を取れるのでダイエットやボディメイクに最適です。50種類の豊富なメニューで飽きずに継続いただけます。

詳細をチェックする

記事協力
・株式会社Muscle Deli
・公式サイト https://muscledeli.co.jp/

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -