• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

お腹に効く体幹トレーニング!「膝つきプランク」で腹筋を鍛える

 腹筋を鍛える体幹トレーニングメニュー「プランク」。正しいフォームとやり方で行うとかなりきつい種目です。今回紹介するのは、膝をついた状態でトレーニングをする「膝つきプランク」です。膝をつくぶん、負荷が軽めなので筋トレ初心者にもおすすめのメニューです。

 ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修・実演のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

 紹介しているのは、30秒×3セットのトレーニングです。動画を見ながら、ぜひ実践してみてください。

膝つきプランクの正しいやり方

1. 両肘を肩の真下につく
2. 膝をついて足は少し開いた状態で安定させる
3. 膝をついた時に上半身を持ち上げる

▲おへそを覗き込み、腹筋を意識する

\動画で動きをチェック/

実施回数

30秒×3セット

ポイント

・呼吸を止めない
・肩が力まないようにして、肩甲骨を少し外側に広げる
・足を下げない

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腹横筋 etc…

この動画を見てくれた方におすすめの動画&記事

動画

【90秒で脂肪を燃やせ】腹筋を鍛える体幹トレーニング「プランク」の正しいやり方

記事

正しい「プランク」は30秒でもキツイ。初心者がやりがちなNGフォーム&対処法、効果を高めるポイント、応用メニュー

公式YouTubeチャンネルでフィットネス動画配信中!

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。千葉県出身、1991年生まれ。

<Text:MELOS編集部>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新