• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 胸を鍛える腕立て伏せ。自重トレーニング2分。ぶ厚い胸板orきれいなバストラインを手に入れる

胸を鍛える腕立て伏せ。自重トレーニング2分。ぶ厚い胸板orきれいなバストラインを手に入れる (1/2)

 今回は、胸の筋肉を鍛えるトレーニングをご紹介。ワイドプッシュアップとアイソメトリクスプッシュアップ、 ノーマルプッシュアップの3メニューです。ぶ厚い胸板を目指すかと、きれいなバストラインを目指す方、どちらにもおすすめです。

 フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さんのトレーニング指導のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\動画で動きをチェック/

①ワイドプッシュアップ

 体を鍛えるといったら、腕立て伏せを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。腕立て伏せには、鍛える部位によってそれぞれ異なる種類のメニューが多くあります。

 大胸筋をしっかりと鍛えることができる「ワイドプッシュアップ」。腕を鍛えると思われがちな腕立て伏せですが、胸を鍛える代表的なエクササイズです。とくに手幅を広くしてやる「ワイドプッシュアップ」は、胸の筋肉への刺激量が増えるため、たくましい胸筋を手に入れたい方にオススメです。

正しいやり方

1. 手の幅を肩幅×2個分にする
2. 足を伸ばして、つま先と腕(手のひら)で体を支える

3. 体と肘の角度が90度になるように肘を開きながら下げる

4. 床につかないギリギリまで下げてから元の位置に戻る

実施回数

10回

ポイント

・体と肘の角度が90度になるよう、しっかりと腕を開く
・慣れてきたら顔を上げて前を向きながら行なう
・キツくなっても、床につくギリギリまで下げる

鍛えられる筋肉(場所)

・大胸筋
・上腕三頭筋(二の腕) etc…

②アイソメトリクスプッシュアップ

 腕立て伏せのカラダを下ろした状態でキープする筋トレ「アイソメトリクスプッシュアップ」。アイソメトリクスは日本語で「等尺性筋収縮」と訳され、筋肉の長さが変わらずに力を発揮する筋肉の収縮形態のひとつです。今回のメニューは、大胸筋を強化するのにおすすめのトレーニングです。

正しいやり方

1. 腕立ての姿勢をつくる

2. 肘を曲げて体を下げて、胸が床ギリギリきたら10秒キープ

3. 10秒キープ後にゆっくりとスタートポジションに戻す

実施回数

10秒3回

ポイント

・キープ中はお尻が上がらないよう体がまっすぐになることを意識
・すばやく上げてすばやく戻す
・上がるときにお尻が取り残されないように

鍛えられる筋肉(場所)

・広背筋
・上腕三頭筋
・大胸筋 etc…

次:③ノーマルプッシュアップ

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -