• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

HIIT(ヒット)トレーニングとは。ダイエット効果を高めるやり方、メニュー例 (6/7)

HIIT後はタンパク質と糖質を補給すべし

運動後はタンパク質と糖質を補給しよう

トレーニングと同じくらい、トレーニング後の栄養補給も大切です。

HIITも他トレーニングと同様に、運動後はタンパク質と糖質を補給するようにし、その後はビタミンミネラルを含めた栄養バランスのよい食事を摂ることが大切です。

ハードなトレーニング後のすばやいリカバリーには

糖質(お米、バナナ、オートミールなど)+たんぱく質(肉や魚、たまご、大豆・大豆食品など)

空腹のまま行うと筋肉の分解が進むおそれ

筋トレ効果が大きい時間帯はいつ?朝・夕方・夜のどれ?食事の前と後では?専門家に聞いてみた」で解説してくれた、日本体育大学体育研究所助教授で健康科学・スポーツ医科学を研究する鴻﨑香里奈さんによると、「空腹時の筋トレは、食事を摂っていた場合よりも筋のタンパク質の分解が進むため、筋肥大には空腹を避けた筋トレが有効と考えられます」と回答しています。

プロテインや小さいおにぎり、バナナ、ゼリータイプの糖質など、満腹にならない程度の軽い食事を摂った後に行うとよいでしょう。

普通の食事をした場合は、消化活動が落ちつく2~3時間ほど経過したタイミングがよいとのことです。

運動(トレーニング)の1時間~2時間前には

梅おにぎり、塩おにぎりがおすすめ。胃腸の負担にならずすばやくエネルギー補給ができる

次に、HIITのひとつとして知名度の高い「タバタ式トレーニング」について解説します。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -