• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 筋肉痛でも筋トレを続けるべき?休むべき?筋肉痛と年齢に関係は?トレーニングのウソ・ホント

筋肉痛でも筋トレを続けるべき?休むべき?筋肉痛と年齢に関係は?トレーニングのウソ・ホント (3/3)

筋肉痛を早く回復させる方法は?

 筋肉痛になってしまったら、アイシング・ストレッチ・軽めの運動(アクティブレスト)・入浴などでサポートしましょう。

筋肉痛をあらかじめ予防する方法は?

 筋肉痛を100%防ぐことはできませんが、数日前から筋肉痛になりそうな部分をマッサージしておき、運動後の数日間も同じくマッサージを行うと、予防につながると言われています。また、運動前にはダイナミックストレッチを、運動後はゆっくり体を伸ばすスタティックストレッチを念入りに行いましょう。

「普段運動しないけど、この週末にテニスをするなどといった場合に、運動する2日前から筋肉痛になりそうな部位を事前にマッサージしておいて、運動後の3日間も続けてマッサージをする。マッサージをしている期間としては5日間です。マッサージとマッサージの間に伸張性収縮を挟むと痛みの推移が何もしていないよりもあまり上がらなかったっていう報告もありました。ですから事前にやっておくというのも手ですね」

なぜ筋肉痛は2〜3日後に遅れてくる?筋トレや運動はしていい?専門家に予防・対策法を聞いてみた より

[筆者プロフィール] 
和田拓巳(わだ・たくみ)
プロスポーツトレーナー歴16年。プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。医療系・スポーツ系専門学校での講師のほか、健康・スポーツ・トレーニングに関する講演会・講習会の講師を務めること多数。テレビや雑誌においても出演・トレーニング監修を行う。現在、さまざまなメディアで多くの執筆・監修を行い、健康・フィットネスに関する情報を発信している。日本トレーニング指導者協会(JATI-ATI)の認定トレーニング指導者
・公式HPはこちら
・公式Facebookはこちら

<Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新