• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

自宅で簡単に背筋を鍛える筋トレ!毎日2分のボディメイク

 整ったボディラインのためには、広背筋を鍛えて、引き締まった背中を目指すことが大切です。今回は、広背筋を鍛える代表的なトレーニング「ダンベルベントオーバーロウ」をご紹介。ダンベルを使って、背中の筋肉を効率よく鍛えていきましょう。

 動作中、背中が丸まると腰への負担が大きくなります。胸を張って、腰を曲げないように注意しましょう。今回、ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、トライアスロンや自転車競技などで活躍しているMIHOさんがツイストクランチの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

 紹介しているのは、15回×3セットのトレーニングです。動画を見ながら、ぜひ実践してみてください。

\動画で動きをチェック/

ダンベルベントオーバーロウの正しいやり方

1. 足、手の幅を調整する

2. 息を吐きながらダンベルを引き上げる

3. 引き上げ終わったらスタートポジションに下ろす
4. この繰り返す

※今回動画では、3キロのダンベルを使用しています
※ダンベルはペットボトルでも代用可能です

実施回数

15回×3セット

ポイント

・背中が丸くならないように
・自分から見て"ハの字"になるようにダンベルを下ろす
・腕ではなく僧帽筋や広背筋を使う
・呼吸を止めず、慌てず丁寧に

鍛えられる筋肉(場所)

・広背筋
・菱形筋
・僧帽筋 etc…

この動画を見てくれた方におすすめの動画&記事

動画

背中や腰の筋肉を強化!「バックエクステンション」の正しいやり方【15回×3セット】

記事

背中の筋肉「広背筋」の鍛え方。おすすめ筋トレメニューと効果を高めるポイント

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。千葉県出身、1991年生まれ。

[出演者プロフィール]
MIHO/トライアスロン、トレイルランニング、マラソン、スパルタンレース、筋トレなどが大好きなガチの“市民アスリート”。日本初のe-sports BIKEのプロチーム「ONELAP ANGEL」のメンバーとしても活動。フルマラソン自己ベストは3時間13分20秒(ネットタイム/2019年さいたま国際マラソン)。1児の母。
【公式Instagramアカウント】https://www.instagram.com/mip0000/

<Text:MELOS編集部>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新