• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 【牛乳のウワサ】「太る」「体に悪い」はウソ?ホント?飲み過ぎたときのデメリットとは

【牛乳のウワサ】「太る」「体に悪い」はウソ?ホント?飲み過ぎたときのデメリットとは (1/2)

給食で毎日飲んでいた、牛乳。大人になると飲む機会が減ったなんて言う人もいるのでは。そんな牛乳ですが、「飲むと太る」「体に悪い」という噂があるようです。

今回はその噂について、『牛乳は健康にいいのか、悪いのか。太る説はホント?マッスルデリ管理栄養士が解説』という記事からピックアップしてご紹介します。

「太る」「体に悪い」という噂の真相は?

「体に悪い」ってウソ? ホント?

持病などを持っていない一般的な方であれば、「体に悪い」ということはありません。むしろ牛乳には健康や美容に良い栄養素がたくさん入っています。

牛乳に含まれている栄養素

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ミネラル
  • ビタミン など

なかでも牛乳にはカルシウム、カリウム、リンなどのミネラルが豊富です。これらの栄養素を効率よく摂りたい場合には、牛乳の摂取がオススメです。

「太る」ってウソ? ホント?

1日で飲み食いする摂取カロリーが、消費カロリーを超えない範囲内で牛乳を飲んでいれば、「太る」ことはありません

ちなみに、一般的な牛乳1杯(200ml)あたりのカロリーは122kcalです。

▼ この記事も読まれています

筋トレ民におすすめなのは牛乳か、豆乳か。スポーツ栄養士が回答

牛乳を飲みすぎるとどうなる?

毎日1~2杯程度であれば、体に悪いということも太るということも心配なさそうです。では、牛乳を飲み過ぎた場合、どのようなデメリットが生じるのでしょうか?

\次:牛乳を飲み過ぎたときのデメリット/

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -