• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • プロテイン、こんな飲み方は逆効果!専門家が解説

プロテイン、こんな飲み方は逆効果!専門家が解説 (3/3)

「プロテインを飲んでいれば筋肉がつく」は間違い

プロテインはマッチョになる魔法の飲み物ではない

 プロテインブームにより知名度が高まったとはいえ、プロテイン=マッチョな人たちが飲むものというイメージが強い人もまだまだいるのでは。

 しかしプロテインを飲んだだけでは筋肉はつきません。運動による筋肉の破壊&休息と栄養補給による回復を繰り返すことで、ようやく筋肥大が実現します。

参考:プロテインだけで筋肉はつく?メガロストレーナーが解答

運動しない人も飲んでOK。カロリーオーバーにだけ注意

たんぱく質を摂取できていない人はとり入れて

 プロテインはたんぱく質を補うものなので、食事で不足している場合は摂取した方が良いでしょう。しかし1日の摂取カロリーをオーバーすると脂肪の増加につながります。これはプロテインに限らずどの食品も同様でしょう。

 食事量と活動量が変わらず、単に生活にプロテイン摂取を加えただけの場合は、カロリー過多で太る可能性が高いため、その場合は食事を見直すか、プロテインのカロリーぶん運動を増やす必要があるでしょう。

参考:プロテイン、運動しないで飲むと太る?ゴールドジムトレーナーが回答

減量中の人は水で割ろう

基本はほどよく冷えた水割りがおいしい

 牛乳やジュースで割ると、そのぶんカロリーが上乗せされます。プロテインは低カロリー・低脂質・低糖質のヘルシードリンクですが、カロリーゼロではないので、1日の摂取カロリーを上回ると当然太る原因に。

プロテインの栄養成分は1回分80kcal前後です。実はカロリーは低く、脂質や糖質も非常に低いです。ただ、プロテインを牛乳と一緒に飲むと、牛乳200mlで約137kcal分カロリーが増えてしまいます。プロテインが直接太る原因になるとは考えにくいことですが、食事にただプロテインを追加するだけだとカロリー過多になり、結果として太ってしまう人もいると思います。基本的に運動と合わせて摂っていただくのがベストです。

プロテイン、“マズイ、溶けにくい”を払拭し、進化できた理由とは。「SAVAS(ザバス)」を展開する明治に聞いてみた より

編集部おすすめプロテイン:味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

<Edit:編集部/Photo:Getty Images>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -