• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

ぽっこりお腹を引き締める!腹部の脂肪を早く落とす方法 (3/6)

お腹痩せに効果的な筋トレメニュー

 有酸素運動と平行して、下半身を中心とした筋トレで筋力を増やしておくと、消費エネルギー量の増加や基礎代謝アップなどの相乗効果も狙えます。

スクワット

 筋トレの王道スクワット。ダイエット時の筋トレとしてよく挙げられる理由は、そのエネルギー消費量の多さにあります。下半身には全身の筋肉の約6~7割の筋肉が存在しているため、筋肉が多い下半身のトレーニングを行うことで消費カロリーも増え、ダイエットに効果的であると言われています。

 ただし、きちんとしたフォームと動作で行わないと、効果が半減するだけでなく、腰やひざを痛める原因にもなります。はじめはトレーナーに習い、慣れてきたら動画などでポイントをチェックするのが望ましいでしょう。

1. 肩幅に足を広げる(つま先は少し外側に向ける)。

▲目線は前へ

2. 背筋を伸ばし、地面と太ももが平行になるまで下げていく。

▲膝がつま先よりも前に出ないよう、お尻を後ろに突き出す

3.?膝が伸ばしきらない位置までゆっくりと戻す。

 15回×3セット行いましょう。

プランク

1.両肘を床につけ、うつ伏せになる。

2.腰を浮かせる。

3.頭、背中全体、腰、かかとを一直線にしつつ姿勢をキープ。

▲初心者は膝をついて行ってもOK

 腹筋だけでなく、体幹全体の筋力強化にもつながります。お腹やお尻に力を込め、腰が曲がらないようにします。きつい人は足を肩幅に開いて行いましょう。30秒×3セット行います。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -