• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 下腹に効かせる腹式呼吸「ドローイング」のやり方!インナーマッスルを鍛える

下腹に効かせる腹式呼吸「ドローイング」のやり方!インナーマッスルを鍛える

 インナーマッスルを鍛えるトレーニングとしておすすめの「ドローイング」。基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすいカラダ作りが期待でき、誰でも手軽にできる筋トレメニューです。

 やり方はとても簡単。腹式呼吸をしながらお腹を凹ませることで、腹横筋を鍛えていきます。今回、ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、トライアスロンや自転車競技などで活躍しているMIHOさんがドローイングの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

 紹介しているのは、20秒×3セットのトレーニングです。動画を見ながら、ぜひ実践してみてください。

\動画で動きをチェック/

ドローイングの正しいやり方

1. お腹に空気をため込む意識で、息を大きく吸う
2. 姿勢は常にまっすぐにし、力まないようにする
3. 限界まで吸ったら、息を止めて一時キープする

4. 膨らませたお腹が凹むように、思いきり息を吐き出す

5. 完全に吐き出したら、凹ませた状態で20秒キープする

実施回数

20秒×5セット

ポイント

・膨らませたりしぼませたり、お腹に風船があるイメージを作る
・下腹部に手を当てるとお腹の動きがわかりやすい
・できるだけ連続で行なう

鍛えられる筋肉(場所)

・腹横筋 etc…

この動画を見てくれた方にオススメ動画&記事

動画

ぽっこり下腹に効く腹筋トレーニング「レッグレイズ」の正しいやり方【リングフィット攻略】

記事

腹筋を割る方法はまず“体脂肪を減らす”。6つに割れたお腹「シックスパック」を作る条件と鍛え方

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。千葉県出身、1991年生まれ。

[出演者プロフィール]
MIHO/トライアスロン、トレイルランニング、マラソン、スパルタンレース、筋トレなどが大好きなガチの“市民アスリート”。日本初のe-sports BIKEのプロチーム「ONELAP ANGEL」のメンバーとしても活動。フルマラソン自己ベストは3時間13分20秒(ネットタイム/2019年さいたま国際マラソン)。1児の母。
【公式Instagramアカウント】https://www.instagram.com/mip0000/

<Text:MELOS編集部>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -