• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

体幹部分のインナーマッスルを刺激。半円形バランスボール「BOSU」を使ったトレーニングメニュー5選 (1/2)

 半円形バランスボール「BOSU(ボス)」とは、「Both Sides Up」の略です。その名の通り、形状の違う両側(ドーム状の半円と平坦な底)を利用してさまざまな使い方ができるトレーニンググッズで、バランス感覚の向上と鍛えにくい体幹を強化するエクササイズに向いています。通常のバランスボールに比べると底が安定しているので、転がっていかないのが大きな特徴。そのため、初心者でも安全に取り組むことができます。

 BOSUを用いたエクササイズは無数にありますが、今回はその中でも、特に体幹強化につながるメニューをいくつかご紹介します。

1.クランチ

 ドーム側を上にし、仰向けで腰をドームの中央に置いてください。両手を頭の後ろで組み、膝を伸ばしましょう。

 1回の動作で上体を起こし、膝を胸に引き寄せます。

 最初の姿勢に戻り、同じ動作を繰り返します。

◆推奨回数

 6~12回を数セット。

2.グラスホッパー(3点ポイント・タック)

 ドーム側を下にして、両側を掴んで腕立て伏せの体勢になります。

 片足を体の外へ大きく伸ばし、次にその足を体の下をくぐらせて反対側へ振ってください。

 同じ足での動作を何回か繰り返した後、反対の足で同じ回数を行いましょう。

◆推奨回数

 片側6~12回を数セットずつ。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード