2023年12月12日

踏み台昇降ダイエットの効果とやり方、適切な高さ|医師解説 (4/4)

「踏み台昇降をやってもダイエット効果がない」場合、以下の原因が考えられます。

  • やり方が間違っている(負荷をしっかり与えられていない)
  • 実施期間や時間が短い
  • 消費カロリーに対し、摂取カロリーが多い

やり方が間違っていたり、実施時間が短かったりするということは、体にしっかりと負荷を与えられていないということ。そのため、脂肪燃焼効果が下がってしまいます。

また、当たり前ですが消費カロリーに対して摂取カロリーが多いと痩せません。ダイエット効果を得たいのであれば、食事内容にも気を使いましょう。

▼ この記事も読まれています

ダイエットの食事で重要な「GI値」とは。おすすめ食品一覧と効果的な食べ方

▼ この記事も読まれています

ダイエットに効果的な食事方法とは。「食べる回数を増やすと痩せる」ってホント?

踏み台昇降ダイエットが向いていない人

  • 心疾患がある方
  • 重度の変形性関節症がある方
  • 息切れや関節の痛みで、普段から階段の昇り降りが困難な方

上記の人は、踏み台昇降は行わないでください。踏み台昇降によって、不調やケガの恐れがあります。

踏み台昇降とウォーキング、どっちが痩せる?

ウォーキングより、踏み台昇降の方がダイエットに効果的です。踏み台昇降の方が、消費カロリーが多いからです。

▼10分間行った時の推定消費カロリー

踏み台昇降 ウォーキング
42kcal消費 30kcal消費

監修者プロフィール

なか整形外科京都西院リハビリテーションクリニック
院長 樋口 直彦 先生

なか整形外科樋口 直彦

帝京大学医学部卒業後、いくつかの病院で勤務し、院長を経験後、2021年1月に医療法人藍整会 なか整形外科の理事長に就任。バレーボールVリーグ「サントリーサンバーズ」のチームドクターも務める。骨折治療をはじめ関節外科、スポーツ整形外科を専門に治療。

<Text:編集部>

1 2 3 4