• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【スロトレ】ゆっくり動いてじわじわ効かせる。腹筋スロートレーニング3分 (1/2)

今回は高い人気を誇る「腹筋トレーニング」と「スロートレーニング」を兼ね備えた3メニューでプログラムを組みました。ゆっくり動くことで負荷が高まり、筋トレ効果アップが期待できます。途中で速くならないように、最後までゆっくり動き続けましょう。

\タップして動画を再生/

(1)スローニートゥチェスト

太ももとお腹に効く「スローニートゥチェスト」。時間をかけて、筋肉をしっかり追い込むスロートレーニングです。少ないスペースであまり音を出さずにでき、動作もシンプルな種目です。お腹と太もものぜい肉を、一緒に絞っていきましょう。

(1)スローニートゥチェストの正しいやり方

  1. 床に座って安定する位置に両手を置き、両肘をついて体を支える

  2. 両脚を地面から浮かせる

  3. 膝を胸に4秒かけて胸に引き付け、4秒かけて伸ばす

実施回数

10回

動画の流れ&ポイント

・腰が反らないように注意して、腹筋を意識
・腕はあくまでも支えなので、体重を乗せすぎないよう注意
・膝はしかり伸ばして しっかり引き付ける
・呼吸は止めない

鍛えられる部位

・腹直筋下部
・大腿四頭筋 etc…

(2)スロークランチ

「スロークランチ」は腹筋の前側にある腹直筋に効くトレーニングです。「クランチ」をゆっくり行なうことで、お腹の筋肉をしっかり追い込んでいきます。負荷が高めのチャレンジメニューとなりますが、一緒に頑張っていきましょう。

スロークランチの正しいやり方

  1. 仰向けになり、膝を90度に上げる
  2. 約3秒かけて、膝とおでこを合わせるように上半身を起こす
  3. 約3秒かけて上半身を下げていく
  4. 上半身を上げながら息を吐き、下ろしながら吸ってく

実施回数

10回

トレーニングのポイント

・上半身を上げるときに息を吐き、下ろすときに息を吸う
・お腹に力を入れて 上半身を丸めていく
・最後まで丁寧なフォームで

鍛えられる部位

・腹直筋 etc…

次のページ:最後は足の上げ下げ!

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -