フィットネス
2023年8月18日

「有酸素運動で筋肉が減る」ってホント?“筋肉を守りながら運動する方法”とは (2/2)

筋肉量を維持しながら有酸素運動を行いたい場合、BCAA(分岐鎖アミノ酸)を摂取してから行いましょう。エネルギーの枯渇を防げると考えられます。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)とは

BCAAとは、必須アミノ酸の集合体です。必須アミノ酸のうち「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」という3つで構成されているもので、分子構造から“分岐差アミノ酸(Branched Chain Amino Acids:頭文字を取ってBCAA)”とも呼ばれています。

必須アミノ酸は体内で生成することができず、食事などで摂取する必要があります。

BCAAが豊富な食品

  • マグロ(赤身)
  • カツオ
  • アジ
  • 牛肉(ヒレ)
  • 鶏肉(むね肉)
  • 高野豆腐
  • 納豆
  • 牛乳 
  • チーズなど

▼ この記事も読まれています

必須アミノ酸「BCAA」の効果と飲み方。筋肉の分解を防ぐってホント?

筋トレも有酸素運動も大事

有酸素運動には、毛細血管を発達させて酸素や栄養を全身に送り出すなどのメリットもあります。筋トレと有酸素運動をバランスよく行い、健康な体を目指しましょう。

あなたにおすすめの記事

ぽっこりお腹を凹ますには、腹筋じゃない!まず何をやればいい?

「ながら筋トレ」は意味ない?実はこんな“デメリット”があるんです。[トレーナー解説]

体脂肪を“2分”で燃やす!家でできる全身痩せ運動【かんたん宅トレ】

※本記事はMELOSで公開された記事『有酸素運動をすると筋肉量が落ちる?メガロストレーナーが解答』を再編集したものです。

<Edit:編集部>

1 2