• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

全身を鍛えるHIITは自宅でできる。自重で行うタバタトレーニングメニュー (1/2)

 脂肪燃焼効果が高いHIIT(ヒット)として人気のタバタ式トレーニング。その効果とやり方、自重で行える具体的なトレーニング方法をご紹介します。

タバタ式トレーニングとは

 タバタ式トレーニング(タバタ・プロトコル)は、海外で人気の高いトレーニング方法で、最近は日本でも注目されるようになってきました。実は、このトレーニングの発祥は日本。タバタ式トレーニングは、立命館大学スポーツ健康科学部の田畑泉教授が発表した論文が元になっているのです。

・どんなトレーニングなの?

 ハードな運動を20秒間続け、休息10秒を挟みながら連続して6~8セット行うトレーニング方法です。このような、ハードな運動と休憩を短時間に交互に連続して繰り返すトレーニングをHIIT(High Intensity Interval Training)と呼びます。この運動と休憩の組み合わせが、高い効果を生み出すのです。

関連記事:短期間でダイエット効果アップ。「HIIT(ヒット)トレーニング」で体脂肪をぐんぐん燃やす方法

タバタ式トレーニングの効果

・脂肪燃焼が高い

 タバタ式トレーニングは、短時間とはいえハードなエクササイズを繰り返し行うため消費カロリーが多く、脂肪燃焼効果が高いトレーニング方法です。運動後も脂肪燃焼効果は数時間継続し、脂肪が燃えやすい状態が続くため、ダイエットにも高い効果を発揮します。

・最大酸素摂取量の増加

 最大酸素摂取量とは、持久力の指標となる数値。最大酸素摂取量が多いほど、心肺持久力が優れているということです。4分間のタバタ式トレーニングを1日1回・週2回行うと、有酸素運動60分を週5回行ったのと同じくらい最大酸素摂取量が上昇したという報告もあるほど。それだけでなく、無酸素運動の能力も向上しました。これは有酸素運動だけでは向上しません。そのため、タバタ式トレーニングはアスリート向けのトレーニングにも導入されています。

タバタ式トレーニングを効果的に行うポイント

 タバタ式トレーニングの効果を高めるには、疲労困憊になるくらいの高い強度で行う必要があります。強度設定の目安となる数値が欲しいという人は、最大心拍数を活用しましょう。タバタ式トレーニングでは、最大心拍数の90%を目指す必要があります。

 最大心拍数の計算方法は【220‐年齢】とされることが多いですが、より正確に計算するのであれば【208‐0.7×年齢】という計算方法がよいでしょう。30歳であれば180拍ということになります。

関連記事:知っておきたい「心拍トレーニング」の基礎知識。心拍数・LT・VO2MAXの計算式とおすすめトレーニング方法を解説

 最大心拍数まで心拍数を高めるのは大変です。カラダが限界になるよう、とにかく集中して行ってみましょう。

タバタ式トレーニングの自重メニュー例

・バーピー

1.背筋を伸ばし、立ちます。

2.しゃがんだ姿勢になり両手を床につけます。

3.両手を床につけたら、腕立ての姿勢になるように足を伸ばします。この時、両足を同時に伸ばすように飛び跳ねながら行いましょう。

4.伸ばした足を一気に元に戻し、2の姿勢に戻ります。

5.カラダを起き上げ、立った姿勢に戻ります。

6.この動作を連続して行います。

関連記事:脂肪燃焼&ダイエット効果が期待できる筋トレ。バーピーのコツ、正しいやり方、トレーニングメニュー

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード