• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

スクワットより難しい!下半身を鍛える筋トレ「ランジ」のやり方

 股関節や膝の曲げ伸ばしを行なう筋トレ「ランジ」。スクワット同様、下半身にある複数の筋肉を同時に鍛えることができます。

 足を前後に開いて動作を行なうため、スクワットに比べてバランスがとりにくく、動作中の姿勢を安定させるためにお尻の筋肉が多く使われます。

 今回、ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修・出演のもと、ランジの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

 紹介しているのは、10回×3セットのトレーニングです。動画を見ながら、ぜひ実践してみてください。

ランジの正しいやり方

1. 足を肩幅より大きく、前後に開く。

2. 上体をまっすぐにしたまま、股関節と膝を曲げていく。

▲前ひざがつま先よりも出ないようにする

3. 前ひざを90度まで曲げたら、ゆっくりと元の姿勢に戻る。

\動画で動きをチェック/

実施回数

10回(左右5回ずつ)×3セット

ポイント

・後ろに足を戻すときは、改めて「気をつけ」をして一時停止する
・つらいときほど深さを意識する

鍛えられる筋肉(場所)

・大臀筋
・大腿四頭筋
・ハムストリングス etc…

関連記事:自重筋トレ「ランジ」の効果・鍛えられる部位・正しいやり方・負荷を高めるフォーム

[出演・監修者プロフィール]
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。千葉県出身、1991年生まれ。

<Text:MELOS編集部>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新