• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

背中の筋肉を鍛える!背筋トレーニング「ダンベルシュラッグ」

 首や肩まわりなど、背中上部(僧帽筋)を鍛える筋トレ「ダンベルシュラッグ」。ダンベルを上下させることで、肩の筋肉を収縮させるトレーニングです。

 今回、ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、MELOS公認トレーナー富田巧哉がダンベルシュラッグの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

 紹介しているのは、15回×3セットのトレーニングです。動画を見ながら、ぜひ実践してみてください。

ダンベルシュラッグの正しいやり方

1. 足を肩幅に広げる。ダンベルを持ち、背筋を伸ばす。

2. 息を吐きながらダンベルを持ち上げ、吸いながらゆっくりと下ろす。

▲肘は曲げない

3. この動作を繰り返す。

実施回数

15回×3セット

ポイント

・肘を曲げない(曲がっていたら腕を使っている証拠です。僧帽筋の力だけを使いましょう)
・疲れが溜まってきたときこそ、力強く引き上げる

鍛えられる筋肉(場所)

・僧帽筋
・背筋 etc…

この動画を見てくれた方におすすめの動画&記事

動画

【90秒で脂肪を燃やせ】腹筋を鍛える体幹トレーニング「プランク」の正しいやり方

三角筋を鍛える「ダンベルショルダープレス」の正しいやり方【15回×3セット】

記事

肩の筋肉を鍛える筋トレ│「三角筋」前部・中部・後部を大きくするダンベルトレーニング

「背筋」は部位別に筋トレせよ。背中の筋肉“広背筋・脊柱起立筋・僧帽筋”を鍛えるダンベルトレーニング5選

▼今回の動画をおさらい

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。千葉県出身、1991年生まれ。

[出演トレーナープロフィール]
富田巧哉 (とみた・たくや)
MELOS公認トレーナー。東京都足立区出身、1995年9月2日生まれ。EPARKスポーツ認定トレーナー・イベントプランナーとして活動中。

<Text:MELOS編集部>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新