• Facebook
  • Twitter

改めて知りたい正しい泳ぎ方と練習法<クロール&平泳ぎ編> (2/4)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

<足の動き>

・膝を軽く落とす。
・膝から先伸ばし、水底に水を押し込む。(ダウンキック)
・膝を伸ばした状態で、水面に戻す。(アップキック) 

<身体>
・首から下を左右に捻る。(ローリング動作)

<息継ぎの仕方・タイミング>
・ローリングに合わせて顔を動かし、横を向いて呼吸する。
・ローリングができていないと前や後ろを向いてしまい、身体が沈みやすく、呼吸がしづらくなる。 

●クロールを覚えるための練習

腕と足の動きを水のなかで個々に練習し、正しいクロールの泳ぎ方を習得しましょう。

<腕の練習方法>
・フロントスカーリング
肘から指先で水を捉える感覚を養う練習です。頭より前で∞マークを描くように意識して動かしましょう。
①手のひらを外側に向けて腕を広げる。
②手のひらを内側に向けて腕を寄せる。

・キャッチスカーリング
①フロントスカーリングで腕を広げた姿勢から、肘から先を顔の方に曲げて肘を立てる。
②肘を戻す。
肘を戻すときに手の甲で水を押してしまわないよう、小指側から戻します。

・プッシュスカーリング
①脇を締めた状態で、肘から先の曲げ伸ばしを繰り返す。
肘を伸ばすときに前に進むので、手のひらで力強く押しましょう。曲げるときは水を押さないように、親指の方から戻します。

<足の練習方法>
・片足キック
正しい足の動かし方が習得できる練習方法です。アップキックができないと、下半身が沈んでしまいます。
①片方の足のみ動かし、もう一方の足は動かさない。
②膝から先を伸ばしたあと(ダウンキック)、動かさない足に寄せる。

・サイドキック
ダウンキックとアップキックのバランスをよくする練習です。
①片腕を下半身に向けて伸ばし、もう一方の腕は頭の先に向けて伸ばし、体側につける。
②顔は下を向き、身体は横に向けてキックを行う。そのとき、体側につけた肩が水面に出るように注意する。

・ローリングキック
肩や腰だけではなく、身体のすべての部位を同時に動かせるようにする練習です。
①ブルプイ(足の間に挟んで下半身の浮力を得るために使う水泳の補助具)を胸に当て、腕で抑える。
②顔は下を向き、身体を捻りながらキックする。

2】手と足の動きがカギ「平泳ぎ」

 手足を交互に動かす平泳ぎは、ニガテな人も多いのではないでしょうか。ポイントとなる腕の動かし方、足の蹴り方を覚えましょう。

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード