• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「腹筋ローラー」の効果はどれくらいで出る?毎日やるべき? (1/3)

 お腹を引き締めたいときや、腹筋を割りたい人におすすめの筋トレ「腹筋ローラー(アブローラー)」。どれくらいやれば成果が感じられるのか、気になる人は多いでしょう。毎日やればいいのか、週に1~2回でもいいのか。腹筋ローラーを使ったトレーニングの期間や目安を探ります。

腹筋ローラーの効果はどれくらいで出るのか

早くて1~2か月が目安

 一般的に、筋トレの効果が感じられるまでの期間は「約3か月」と言われています。もともとの体重や体脂肪、食生活によって変化を確認できる期間は異なりますが、早くて1~2か月は必要と考えたほうがよいでしょう。

 筋トレの効果は個人差がありますが、筋肉をつけるためには、筋肉だけではなく“動き”全体を考える必要があります。“動き”は、神経や骨、筋肉などの連携で成り立っています。

 まず、トレーニング初期段階は神経と筋肉を繋げていく時期です。現状使えていない筋肉を使えるようにする“神経と筋肉の促通時期”が、一般的に4~8週間ほどあります。その時期は、トレーニングで扱うことのできる重さなどの変化はありますが、筋肉量に変化は見られません。実際に筋肉量に変化などが起こるのはこの後になります。

筋トレはどのくらいやれば結果が出る?ティップネストレーナーが解説 より

腹筋運動だけでは効果が薄い

 そして、お腹まわりを引き締めたい、腹筋を割りたい場合、腹筋トレーニングだけを行っていても効果が見えにくいのが事実です。いくら腹筋を鍛えても腹部についた脂肪を減らさない限り、腹筋が見えてくることはありません。

腹筋が割れて見えてくる数値(男性の場合)

⇒体脂肪率15%以下

シックスパックが分かる数値(男性の場合)

⇒体脂肪率10%以下

 体脂肪が少なくガリガリの男性は、すでにシックスパックになっていることが多いのですが、腹直筋の厚みがなく貧相に見えてしまいます。

 体脂肪が少ないだけでなく、しっかり筋肉がついていることが、シックスパックを作るうえで大切です。

腹筋を割るならまず“体脂肪を減らす”。6つに割れたお腹「シックスパック」を作る条件と鍛え方 より

「腹筋トレーニング+有酸素運動+食生活を整える」を1~2か月続けてみる

 体の一部分だけの脂肪を減らす「部分痩せ」はできないので、もしお腹痩せやシックスパックを狙うとしたら、まず腹部まわりの脂肪を減らすための有酸素運動も併用する必要があります。

 その場合、先に腹筋トレーニング(筋トレ)を行った後、有酸素運動を行うと筋肥大効果の低下を最小限に抑えることができます。

 そして、トレーニングだけでは脂肪はなかなか減らないので、食事コントロールも不可欠です。

関連記事:腹筋運動、毎日やってもいい?回数と頻度は?メガロストレーナーが解説

次ページ:何回やれば効果的?

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新